よくある質問

初めてのマイホームづくり。何から始めたら良いか分からなくて、不安に思われることや心配されることが多いと思います。
こちらではそんなマイホームづくりの不安を解消するためにお客様からの様々な質問にお答えいたします。

Q . 家を建てようと思いますが、どのような流れ、手続きで建てれば良いの?

まずはお近くのモデルハウスに足を運んでいただき、気になったことは何でも気軽にスタッフの人に聞いてみましょう。
人は一生のうちに何度も家を建てることはないので、家について学ぶこと、知ることが大事です。
サカヅメハウジングのモデルハウスはコチラ

Q . 建物の価格には坪単価、付帯工事、施工面積の価格とかいろいろあるけど、どのように見るの?

一般的に言う坪単価というのは、住宅の延床面積の㎡を坪に換算(1坪=約3.3㎡)して建築価格÷坪数=坪単価を目安にしています。
例えば建築価格2,000万円÷40坪=坪単価50万円になります。

Q . 無垢材と建材(無垢材でないもの)の違いって何?

無垢材とは一本の原木から角材や板を直接切り出したものです。
木本来の風合いがあり、香り、調湿効果があります。そして化学物質を含まない自然素材です。
表面に傷がついても補修が効き、年数が経過するとアメ色になり味が出てくるのも魅力のひとつです。

一般的な建材(床材、建具材など)はベニヤ板などで4層、5層くらいまで重ねて接着したものです。
変形や収縮はなく施工性は良いですが、施工しやすい巾(30cmくらい)で誰がやっても同じ出来映えです。
傷に対しては補修しにくく、経年劣化による接着のはがれ、近年シックハウスの原因となる接着剤などからのホルムアルデヒドの放散が問題となり、平成14年に対策法ができました。

Q . オール電化とガスはどちらがお得?

ランニングコストはガスに比べるとオール電化の方がお得(夜間電力の利用など)ですが、イニシャルコスト(初期設置費用)はまだまだオール電化の方が高いので、何年で元が取れるかの見極めが大事です。
現在は原子力に頼る発電も問題視され、電力が上がり気味なので一概にどちらが良いとは言えなくなってきました。

Q . 住宅資金の借り入れはどうするのがお得?

建築工事に着手してからは3ヶ月程度で家は完成しますが、大事なこと事前の計画です。
プランの段階ではやり直しができますが、完成してからはやり直しができません。
失敗しない家づくりはプランの段階で十分にお付き合いしてくれる建築会社選びからです。
設計プランの検討、予算の検討、建築会社の選定、返済計画。じっくりとご家族で話し合い、進めていくことが大事です。

借入先 借入額 借入方法 返済方法
フラット35      
民間銀行(地方銀行) 自己資金 住宅ローン 変動型
民間銀行(都市銀行) 借入金額   3年固定
ろうきん     10年固定
JA     固定
その他      

銀行によってローンの金利は違いますし、金利が安くても手数料が高い所もあったり、保険がセットになってるところあります。

Q . 建物の引渡(工期)ってどのくらいの期間かかるの?

建築工事に着手してからは3ヶ月程度で家は完成しますが、大事なことは事前の計画です。
プランの段階ではやり直しができますが、完成してからはやり直しができません。
失敗しない家づくりはプランの段階で十分にお付き合いしてくれる建築会社選びからです。
設計プランの検討、予算の検討、建築会社の選定、返済計画。じっくりとご家族で話し合い、進めていくことが大事です。

Q . チャフウォールって何?

チャフウォールとはホタテの貝殻を原料とした天然健康内装材です。
100%天然素材、化学物質低減作用、強力消臭機能、吸放湿機能、防カビ・抗菌機能など、ホタテの貝殻には様々な機能が含まれており、アトピーやぜんそくの改善事例もあります。
ぜひ当社のモデルハウスでその空気を体感してください。
サカヅメハウジングのモデルハウスはコチラ

Q . 地盤改良って絶対に必要?

昔は2階建ての木造住宅では地盤改良はほとんど施工していませんでした。
しかし経年変化と共に、建物内の家具や雪国ならではの荷重により、徐々に沈下して家の支障が目に見えてきます。
そうなってからでは建築会社は無償で修繕はしてくれません。

そこで平成12年に法律ができ、地盤沈下による瑕疵(かし)を施工後10年間は施工業者が瑕疵担保責任を負うことになりました。

現在は建築地を事前に地盤調査で地耐力(N値等)を確認し、建築予定の建物が沈下しないように、支持層を施工します(表層改良工事、柱状改良など、当社はGSTC工法で主に施工します)。
建築時に予算はかかりますが、結果的に長い間、家を守ることにつながります。

Q . 家のコーディネイトってどのようにすればいいの?

たとえば無垢材で部屋を構成したい場合、床板が1つのポイントです。
床板に無垢材の赤松を選んだ場合、その素材感や色合いに合う色を選んでみましょう。
壁を自然素材で、建具や家具も赤松素材や無垢材を使用し、木の色をベースにすることで、癒される空間づくりができます。

家をつくる時は色、素材感、形、広さ(平面、空間)、バランスなど、様々な要素がありますが、どのように生活したいかで個性があり、決まったコーディネイトというものはありません。

Q . 家を建てる時のセレモニーはどのような事がありますか?

一般的に現在行われているものは

地鎮祭
工事に着手する前に土地の神を祝って家の工事の無事を祈る祭りです。
現在は神主さんに依頼するとお初穂と酒2升くらいで、あとは神主さんが祭壇や供物を準備して仕切ってくれます(自分達が信心しているものがあればそれに従う)。
上棟式
棟上げ、建前のことで、建築儀礼のひとつで、新築の家に災難が無いよう神に祈念します。
昔は餅まきして、大工を主客にして祝宴を行いましたが、現在は工務店が棟上式をやってくれる場合が多いです。
竣工式
建築物が無事完了したことを関係者(工事関係や親戚等)に披露し、協力いただいた方々に感謝の意を表す式です。

当社では他に工事に携わる全員の顔合わせ式などを行っています。
必ず行わなくてはならないものではありませんので、詳細については相談ください。

Q . 木造住宅の耐用年数(寿命)ってどのくらい?

日本の住宅の建替サイクルは30年程度というデータはありますが、木造の建築物は法隆寺などに代表されるように1,000年以上の歴史があります。
木を腐らせない工法であれば100年くらいは十分に持つものです。
国も環境的にも改善したい施策として長期優良住宅の制度などを推奨しています。
建てる時は各世代に住み継いでいかれるような家づくりを推奨します。

Q . 家にはいろいろな工法があるけど、その違いって何?

木造住宅には、木質プレハブ工法、枠組壁工法、軸組工法があり、日本の伝統的な工法は軸組工法です。
在来工法とも言われその流れを受け継ぐものです。
非木造住宅には、軽量鉄骨、コンクリート、鉄筋コンクリート、他に新工法もあります。
各工法にメリット、デメリットがあり、よく確かめることが大事です。
詳細についてはご相談ください。

疑問は解決しましたか?

こちらで解決できなかったマイホームづくりの疑問、質問、不安、心配などありましたら、右記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた内容につきましては、改めて担当者よりご連絡させていただきます。

お名前*
メールアドレス*
お問い合わせ内容*

モデルハウスへの見学予約・資料請求・お問い合わせはこちらから

  • メールでのお問い合わせ